転勤などの時の空き家対策に

男性作業員

時代と共に変わる社会環境においては、働く人の考え方にも大きな影響を与えて来ています。猛烈社員が流行った時、昇進するためには転勤を希望する人も多くいたのですが、現在では転勤を拒否する人も出てくるまでになっています。それでも全国組織の会社では、転勤も止む得ないこととして受け入れる人が一般的なことになっています。地方へ転勤をしている間自宅を空き家にしておくことも無駄であり、更には人が住まないことで住宅そのものも傷みやすくなってしまいます。そんな留守宅を上手に利用する方法がリロケーションと言われるもので、空いたままにしておかず賃貸物件として貸し出だすものです。1990年代までが一度貸し出した住宅は、明け渡しをしてもらえる保証がなく、貸すことに躊躇するケースが多くありました。ですが2000年以降では定期借家権が導入されたこともあり、期限付きで住宅を貸し出すことが可能になったことで、このリロケーションも盛んに行われるようになりました。このリロケーションの良さは一般的な賃貸物件と違い、2年ごとの更新に拘っていないことが上げられます。貸す側との契約で5年の定期借家権を結ぶことで、5年後更新は出来なくなりますが、2年ごとの更新は必要がなくなるメリットが生まれることになります。市場が拡大したことで、最近ではリロケーションを専門に扱う会社も登場するまでになっています。

人が住むことで傷みを最小限に出来る

住宅模型

リロケーションを行う最大のメリットは、家賃収入を得ることが出来ると言うことです。家賃収入は賃貸契約が終わった後に使う修理代として貯めておく便利な使い方が出来ることになります。他人が利用することで、住宅内部が傷んでしまうと心配される人も多いと思われますが、一戸建て住宅でもマンションでも空き家のままにしておくと経年劣化の進みが早くなってしまうことを知っておきましょう。フロアなどに傷が付く心配より、劣化の激しさを防ぐ方が住宅を長持ちさせることになると知ることが大切なことになります。

斡旋を専門にする会社がある

男女

人が住まない住宅では空気の換気をしないことから、湿気が溜まってしまい木材を傷めてしまうことが起きます。また地下に潜っている給排水管は使用しないことで錆が発生してしまうことにもなってしまいます。そんなリロケーションを自分で行うのは面倒と言う人には、業者のサービスを利用する方法があります。入居者募集から退去時の立会いや敷金の清算、万が一の家賃滞納などが起きた時の立て替えなどを行ってくれる便利なサービスが受けられます。